ヤマハ ~おかえり おんがく~ アーティスト アレンジ!

こんにちは、Piano Cloud 富山の吉田です。

早速ですが、今日はヤマハのサイトから

『おかえり おんがく』のご紹介です。

最近、また感染者が増えてきている、あの病気。

どうしても、不自由な生活が求められがちな風潮。

でも、だからこそ心の中だけは、自由で、満たされた世界でありたい。

『おかえり おんがく』は発表の場が制限された中でも演奏する楽しさを思い起こし、育んでくれる、そんなサイトです。

 

ちなみに、その中の

CONTENT 01 は

自由にアレンジ・演奏してみよう!「みんなで池の雨」

「ドレミファソーラファミ・レ・ド」

あれって、ルーツはドイツ民謡、そしてヤマハ音楽教室の教材では

「池の雨」っていう曲名がついているそうです。

すでにヤマハ音楽教室のキャッチフレーズともいえる

あの曲を、数々のアーティストが自由にアレンジしています。

えっ? 誰かって?

それは、こちら!
凄い顔ぶれですね。
はい、私も全ての動画を見てみました。

みなさん、サービス精神に溢れています。

その中でも、エレクトーン プレーヤー

窪田 宏 さんの動画が最初に収録されたのでしょうか?

いちばん気合が入っていたように感じます。

スタジオの作りはシンプルですが

カメラが4台入っていて映像編集に手間がかかっていてお馴染みのKUBOTA SOUND が目白押し

さらに、高速ベースまで披露してくださってあのモチーフを4分あまりの豪華バージョンに仕上げてあります。

このあとも、公開される動画がいくつかある様子。

楽しみです。

 

でも、この企画の意図は、皆さんが、この制限されそうな世の中でも

歌いたい、演奏したい、という気持ちを持ち続けていただくことにあります。

さあ、さっそく、楽器にさわってみませんか?

はい、私も、今日は練習!

明日はレッスンの日なんです。

 

がんばろー っと。

楽器は何かって?

ちょっと、まだ、内緒。