ピアノは大丈夫? コロナウィルス対策~アルコール・置くだけで除菌も要注意!

こんにちは、PianoCloudの吉田です。
今日は、コロナウィルス 感染予防について、
ではなく、感染予防に使われる薬品の
ピアノへの影響についてご案内いたします。
うがいや手洗いの励行はすでに当たり前になっていますが、
手をアルコールが含まれる消毒液で洗って、

すぐにピアノの鍵盤に触れると
ひび割れの原因になる場合があります。
さらに、ピアノの鍵盤を、薬品が含まれるウエットティッシュで
拭くのは厳禁です。

また、置くだけで部屋の空気が除菌される、
加湿器に入れるだけで除菌、
というたぐいの空間除菌剤には
二酸化塩素とか次亜塩素酸ナトリウムが使われているケースがあります。


こちらも、量と頻度、置き場所によっては、海岸沿いの砂浜にピアノを置いているようなもの。
弦が錆びてしまう原因になりかねません。

では、どうしたらいいの?

これは、ヤマハピアノの取扱説明書。
そして、ベテラン調律師に話を伺ったところ、
水道水で洗ってください、とのこと。

特にピアノ教室の先生。
感染予防のため、
入れ替わり立ち代わり来られる生徒さん全て
レッスン前にアルコール消毒液で手を洗われると
指先に付着した成分により、鍵盤に負担がかかる場合があります。
中には、生徒さんへの思いやりから、
レッスンとレッスンの間に直接鍵盤をアルコール消毒されたりしていませんか?

あくまで、ピアノを守る、という視点からのアドバイスですが、
生徒さんにはレッスン前に水道水で30秒くらい手を洗っていただき、
レッスンの入れ替わりにも水道水を含ませたウエスなどで鍵盤を拭く

この辺りが、落としどころでしょうか。

なんとか、この事態を早く乗り切りたいですね。