特別レッスン 田口 翔 先生  2/9

こんにちは、PianoCloudの吉田です。

今日は 田口 翔 先生の特別レッスンのご案内です。

どなたでも受講できます。

底力を身につけたい人、

いつかは合唱コンクールの伴奏をしたい、

受験を控えている人にはセカンドオピニオンとして、

コンクールに向けて、層の厚い準備をしたい人、等。

このレッスンを継続していくことで、

富山県全体のピアノのレベル向上に繋がれば、と考えています。

さらに、発表会や、ピティナ・ピアノステップなど

ステージでの演奏と組み合わせることで、

更なる効果が期待できます。

※チラシは楽器センター富山 鍵盤フロアにあります。

また、レッスンの前にはお客様シートのご提出をお願いしています。

これをレッスンの前に先生に読んでいただくことで、より、歯車のかみ合ったレッスンに近づけると思います。

田口翔先生のプロフィール

1999年、日本ピアノ教育連盟オーディションにて全国入賞。

その後、東京藝術大学附属音楽高校、エコール・ノルマル音楽院へ進学。エコール・ノルマル音楽院では、かつてヨーロッパにおいて”マダム・リスト”と称されたフランス・クリダ女史の下で3年間研鑽を積み、同校最上級ディプロムである「演奏家高等ディプロム」を取得。(審査員にはアルド・チッコリーニ、ガブリエル・タッキーノ、セシル・ウーセ各氏等、著名なピアニストが迎えられた)

また、室内楽をフランスの室内楽奏者であるピアニスト、シャンタル・ドゥビュシ女史に学び、高等ディプロムを審査員満場一致で取得。

その他、コンサート・サロン「エスパス・ハットリ」での企画運営・演奏、パリ最古の教会St-Julien le Pauvreでのリサイタル等留学中にも幅広く活動する。現地のコンサートでは、ブリュットナー、ベヒシュタイン、エラール、1930年製のプレイエル等古くから残るピアノでの演奏を経験。

これまでにピアノを黒川浩、堀江孝子、渡邊健二、松原緑、井原麻子、フランス・クリダ、ポール・ブラシェー各氏に師事。ウィーンにてパウル・バドゥラ=スコダ氏にブラームスの作品を、パリ留学中にはアルド・チッコリーニ氏に同氏の重要なレパートリーであるセヴラックの作品のアドヴァイスを受ける。

 

過去の特別レッスンの様子

本多昌子先生

金子恵先生

皆様からのお問合せ、お待ち申し上げます。