はじめてのピアノ選び Vol.1

こんにちは、 Piano Cloud の吉田です。

 

さて、これから何回かに分けてピアノを選ぶ時のポイントを整理してみたいと思います。

別のブログではスタッフの木下が

「これからピアノを始める方へ♪」シリーズを展開していますが

それとは少し違った切り口でお話しますのでどうぞお付き合いください。

 


 

これからお話しするのは、お客様がご来店された時いつも私が説明していることです。

若干の個人的な価値観が入ることもあるかもしれませんが、なるべく客観的にご案内しているつもりです。

グランドピアノから電子ピアノまでそれぞれに特徴がありますので、よろしければ参考になさってみてください。

 

まず、幼児から小学生のお子様がこれからピアノを始められるとき

保護者様から最初に頂く質問に

「これからピアノを始めるのですが、初心者にはどんなピアノがいいですか?」というのがあります。

いい質問ですねえ。

ご家族がお子様の成長に期待なさっている証拠です。

「楽器を用意する以上は少しでも子供のために良いものを選びたい」というお気持ちが伝わってきます。

 

じつは、ピアノに “初心者用” というのはないんです。

 

これが、ゴルフやスキーなら、体格や体力に合わせて

シャフトや板が短かったり、柔らかったりするのでしょうが

ピアノの場合、小さなお子様用に

鍵盤が軽かったり少なかったり、床から鍵盤までの高さが低かったり・・・ということはありません。

 

初心者用も上級者用も、大人用も子供用も、存在しないんです。

例えば、鍵盤数、 ピアノは88鍵盤ですが

最初からこんなにたくさんの音を使うことはまずありません。

でも、これが61鍵盤(5オクターブ)くらいの

キーボードで練習をしているとどうなるか・・・?

発表会などでグランドピアノを前にすると、1オクターブずれた音で弾き始めてしまったり・・・。

つまり、真ん中の  『ド』  の位置が感覚として身につきにくかったりするわけです。

 

もちろん、保護者の皆さんがおっしゃりたいのは

新品のピアノと中古のピアノ

アコースティックピアノと電子ピアノ

30万円のピアノと100万円のピアノ

では、どのように違うの・・・??

ということだと思いますが、それは次回以降に・・・。