EASTMAN(イーストマン) The 52nd Street Saxophone

EASTMAN(イーストマン)

アメリカを中心に弦楽器・管楽器を手掛ける大手楽器のブランド。

創設者はフルーティストでありながらバイオリンの販売で成功をおさめ、そのプレイヤーとしての楽器へのこだわりとバイオリン販売で成功をおさめたノウハウを活かし、現在では世界のプロプレイヤーも愛用するほどの楽器を製造しており、その出来の良さから他社のOEMも請け負っています。

特にサックスは、その完成度の高さから世界のジャズサックスプレイヤーも愛用しています。ジャズサックス界の巨匠である「Bob Mintzer(ボブミンツァー)」も、その一人です。

 

The 52nd Street Model

かつてはジャズの中心地であったニューヨークのマンハッタン52番街。当時のジャズをリスペクトし、現代の最新技術を持って作り上げられたのが、この「The 52nd Street Model」です。

最後に試奏動画もあります。

 

【特徴】

●可動式パームキィ

プレイヤーの手のサイズに合わせてパームキィの高さを変えることが出来、快適に操作することが出来ます。

 

●ダブルアームキィ

特に調整のずれやすいLow C,B,Bキィをダブルアームにすることで、調整がずれにくく安定した低音を得ることが出来ます。

 

●ロールドトーンホール

トーンホールの先端をロールにすることで密閉度が高まり軽快な音の切り替わりを実現。

 

●ラージベル

ベルサイズを大きくし、他の楽器に埋もれないパワフルなサウンドを得られます。

 

●52番街彫刻

古き良き52番街をモチーフにしたオリジナル彫刻がプレイヤーのモチベーションを上げてくれます。

 

ダブルキィアーム、ロールドトーンホール、ラージベル、メタルサムレスト&サムフックなど、重厚な仕様でありながら、吹奏感自体は重くなく、心地よく鳴らすことが出来ます。倍音が多いサウンドはアンラッカーならではの枯れた音色に豊かな色彩を与えてくれ、このサックスの魅力を引き立てます。

   

 

Alto Sax The 52nd Street Model  EAS652RL

パワフルなサウンドでありながら、太く安定した低音と心地よいフラジオを鳴らせ、

新たな演奏への意欲を掻き立てます。

詳細はコチラ

 

EASTMAN The 52nd Street Model 試奏動画

Alto Sax EAS652RL

 

Tenor Sax ETS652RL