アルタスフルートの工房へ!その2

 

こんにちは。川上です。

 

アルタスフルートの工房見学の続きです♪

前回まではコチラ↓

アルタスフルートの工房へ!その1

 

 

管体やキィのパーツはバラバラな状態でこの「組立室」へ

 

コチラでは、半田付け・ロウ付け、キイの組み上げ中。

キイがスムーズに動き、無駄の無いぎりぎりを手作業で削り、組立します。

フルートのいのちとも言える歌口の穴の内側を削る作業を行ってます。

 

組上がると、磨きの行程にを経て、

次の「調整室」へ

こう見ると、アルトフルートも結構あるんですね・・・!

皆さん集中しておられます。

 

フルートに貼られた青いテープは、磨きが終わったあと保護のために貼られるそうですよ!

アルタスの上位機種は、仕上げに銀メッキをかけていません。

メッキをかける利点はやはり、見た目がきれいに仕上がり、手入れし易いこと。

しかしアルタスのこだわる「銀本来の音色」を表現するために

あえて職人の技術力が問われる無垢で製作しています。

 

見た目にはさほど変わらないように見えるのですが、

吹き比べてみると、こだわる理由がわかります。

 

 

 

 

管内に光を入れて、隙間が無いかチェックしています。

光が漏れている=指でキイを押えても息が漏れるということですね。

 

さらに紙を隙間に入れて、微妙な隙間をチェック

 

 

撮影に協力してくださったのは、

この道の一番ベテラン小林さんです。

小林さんとなかなかマニアックなお話をさせていただきました。

次回のブログにつづきます♪

 

 

川上

 

 

▼Altus(アルタスフルート) – STOCK LIST

 

▼Flute Fair  アルタスフルートも展示予定!