並々ならぬこだわり! 国産ハイエンドギターブランド【Kino】

 

こんにちは、若島です。

わたくしイチオシのギターブランド、Kino

今回、新たに入荷した2本と合わせて、過去に類を見ない本数が富山に集結しております!

国内随一のコストパフォーマンスを誇るKino Factoryのオリジナルブランド「Kino」をご紹介いたします。

 

Kino Factroy(キノ ファクトリー)

長野県塩尻市に工房を構える「Kino Factory」。代表の木下勇 氏が2007年にスタート。

有名ブランドのフラッグシップモデルを含む、数多のOEM製造も手がけています。

高度な製作技術と高品質な木材の入手経路があり、ハイエンドブランドからの信頼も厚いKino Factory。

当然、Kino Factoryのオリジナルブランド”Kino”にもそれら全てが注がれています。

 

frawdit HSH – T-Light Blue

250Rの指板ラジアスなどトラディショナルなフィーリングを追求した本器はKinoならではのストラトタイプとも言える「frawdit」。

Kinoのモデルにはカタログ的なスペックというものは無いに等しく、ウッドコンストラクション、パーツ、カラーも一本一本の仕様が異なる、まさしく世界に一本だけのワンオフモデルです。

爽やかな淡いブルーの色彩で仕上げられたこの個体では、軽量なアッシュボディにフレイムメイプルネック、マダガスカルローズウッド指板、木材だけ見てもハイエンドギターに相応しい構成です。

Kinoならではのオリジナルパーツとして、ネックエンドの内部に仕込まれるジョイントブロック、美しい曲線のオリジナルネックプレート、トレモロユニットを支えるアンカーブロックなど・・・

エレキギターにとってサウンドの要となるボディとネックの接合部やブリッジにはKino Factoryならではのこだわりの数々が実装されています。耐久性の向上はもちろんのことそれらはサウンドにも大きく影響し、常に進化をし続けるKinoの唯一無二のサウンドとして具現化。パワフルなアウトプットと精密さ極まる作りは最新のデジタル機材との相性も良く、レコーディングにも重宝する素晴らしい完成度です。

 

 

treebud SSH – T-Light Green

frawditと比べてスリムでシャープなボディシェイプの本器、「treebud」。

400Rの指板ラジアスに加え、ネックジョイント部にはヒールカットも施したモダンなプレイアビリティが特徴です。

Kinoのさらなる独自性として、そのルックスにもこだわりが・・・!

Q-Partsのコントロールノブ、ポジションマーク、ヘッドロゴに至るまで、同色のアバロンシェルを使用!

モデルによってはこれが白蝶貝だったり、べっ甲柄だったり、フィニッシュカラーに合わせて緻密にコーディネートされています。

またハードウェアがゴールドの場合は、ヘッドロゴの外枠もゴールドで合わせているなどの徹底ぶり!

この統一感あるルックスが少量生産かつワンオフとして製作するKinoならではの魅力、量産モデルでは不可能なスペシャルなルックスです。

 

 

【送料無料】& 「Kinoオリジナルトートバック&ピンバッジ 」プレゼントキャンペーン!

12月13日(日)までの期間限定!

Kinoのエレキギターをご購入いただくと

「Kinoオリジナルトートバック&ピンバッジ」をもれなくプレゼント!!

さらには送料無料キャンペーンも同時開催!

お買い得なこの機会をお見逃しなく!!

 

Kino ストックリストはこちら ⇒ LINK

 

【12月25日まで】金利無料&超低金利キャンペーン開催! さらに日本全国送料無料!!