19年7月28日(日)HEADWAY GUITARS DAY 2019 – わたなべゆうLIVE & 安井氏ギター調整会

今年もやります!!Blue Guitarsがヘッドウェイギター(HEADWAY GUITARS)一色になる日!!

HEADWAY GUITARS DAY 2019!!

先日5月末に長野県塩尻のヘッドウェイ工房にて現地選定してきたカスタムショップモデルやATBやSTDのリミテッドやワンオフモデル、そしてJapan Tune-upシリーズの新作などをはじめヘッドウェイのギターが店内を埋め尽くします。カスタムショップモデルはマスタールシアー百瀬氏のワンオフをはじめ、ATBの責任者であり百瀬氏の後継者である安井氏、そして若きホープ降幡氏の3名のルシアーメイドも揃い踏み。限定数ありのATBも現地でより良い個体を選定してきました。弊店こだわりのヘッドウェイのストックをぜひご体感ください。

ヘッドウェイ・ルシアーの安井氏によるギター調整会も開催!ヘッドウェイギターの中枢である安井氏があなたのギターを診断、そして調整いたします。HEADWAY GUITARをお持ちの方はこの上ない機会ですが、メーカーは問わず調整していただけます。この機会を是頬見逃しなく!

そしてメインイベントは、ソロギタリスト わたなべゆう氏によるHEADWAY GUITARSを使用したライブパフォーマンス!
彼の新しい愛器となる「ガーベラ」と銘打たれたヘッドウェイに新しい個体、そしてJTシリーズのシグネイチャーも使用してのパフォーマンス。さらに今回ヘッドウェイ工房現地で弊店スタッフが選定してきたギターも使用しアンプラグドでの演奏も!HEADWAY GUITARSをこよなく愛するBlue Guitarsならではのこのイベント!ぜひご来場くださいませ。

 

HEADWAY GUITARS DAY 2019
日程:2019年7月28日(日) @Blue Guitars

①わたなべゆう Solo Guitar LIVE …feat. HEADWAY GUITARS
時間: 開演15:00
料金:無料
※お席に限りがあります。(定員に達し次第締め切り)
※ご予約をお勧めします。
▼ご予約は店頭、お電話またはメールフォームにて受付しています。
メールフォームの場合は、お名前、E-mailを記載の上、お問い合わせ内容に「0728わたなべゆう」と「希望人数」を記載ください。

 

②HEADWAY GUITARS ルシアー安井氏によるアコースティックギター調整会
時間: 13:00 13:30 14:00 14:30 15:00 15:30 16:00
料金:540円(税込み)
※お一人/30分で調整できる範囲の調整内容となります。
※ギターはメーカー問わず一本のみとなります。
※別途パーツ代が必要な場合があります。
※事前予約が必要です。
▼ご予約は店頭、お電話またはメールフォームにて受付しています。
メールフォームの場合は、お名前、E-mailを記載の上、お問い合わせ内容に「0728調整会」と「希望時間」と「調整楽器の情報(ブランド、モデル名、調整希望内容等)を記載ください。

③HEADWAY GUITARSフェア&体験コーナー
工房現地選定してきたHEADWAYも多数展示します。マスタールシアー百瀬氏、安井氏、降幡氏のカスタムショップモデルから、ATBやSTDのリミテッド、JTシリーズまで!限定特価品、購入特典、分割金利無料のキャンペーンも実施!
時間:終日開催!!

◆◆◆LINK⇒ヘッドウェイの最新在庫状況はコチラでcheck!!◆◆◆

Blue Guitars  TEL:076-433-0942  10:00-21:00 水曜定休

 

わたなべ ゆう

◆profile◆
1980.10.29.生まれ 岡山県出身

2006年にフィンガーピッキングコンテストで優勝。

それを受けて翌年アメリカカンサス州で行われたウォルナットバレーフェスティバルに日本代表で出場。

2010年に発表した『くまのマク』で絵本作家としても活動を開始。

絵本と音楽を融合させた独自の世界観は見る人聴く人にあたたかい感動を伝えている。

2015年、活動10周年を記念して絵本とCDの作品『マクの約束』と『バクの夢を』2枚同時リリース。

『バクの夢』収録の『初恋』がSing Like Talkingの佐藤竹善氏のベストアルバムに収録され話題となる。

2017年、レベッカのNOKKOのソロアルバム『Ture Woman』のレコーディングに参加。

2018年、17thCD『Cinématic journey』をリリース。

現在は年間200本以上のライブを全国で行いながら、アメリカ、タイ、香港、中国など海外での演奏活動も積極的に行う。

心に届く温かい音色と、情景が浮かぶ楽曲は老若男女問わず圧倒的な支持を得ている