Aranjuez(アランフェス) クラシックギターフェア開催中!

 

こんにちは、若島です。

Aranjuez(アランフェス)のクラシックギターが大量入荷!

今回はその中から初心者から上級者までおすすめのモデルを紹介します!

 

 

アランフェスAranjuez

クラシックギターを始めるプレイヤーにとって、弾きやすさは非常に大切な要素です。

アランフェスギターは日本人の身体に合うよう、ネック形状をあらゆる角度から検証し製作されています。

豊かな響きと絶妙な音のバランスを体感して下さい。

 

 

No.707/ 640mm

ビギナーにおすすめなコストパフォーマンスモデル。

通常の弦長である650mmに対して若干短い640mmを採用、女性の方にも弾きやすくバランスの良い音色が特徴です。

650mmのモデルもあるので、ぜひ比較してみてください!

 

No.710 / 630mm

指板にエボニー(黒檀)を使ったモデル。

こちらはさらに弦長が短い630mmを採用しさらに弾きやすい一本です!

弦長が短くなることで音の張りや音量面でデメリットな部分もあるのですが、それを解消する秘密があります。

ブリッジにツーストリングホールシステムを採用、弦を固定する部分に1つの穴ではなく2つの穴を設けることで、駒(サドル)の部分でしっかりとテンションが掛かる仕組みになっています。

↓コチラがツーストリングホール

↓コチラが一般的なクラシックギターのブリッジ

それもあって、短いスケールでもバランスの良い音色に仕上がっています。

一般的な弦長のNo.710 / 650mmモデルも入荷しております!

 

 

No.716 / 640mm – Spruce

オール単板を採用した上位モデル。

高級なギターの代名詞的に言われる”単板”のスペックですが、このモデルからはトップ材だけでなく、サイド&バック材も単板を採用しています!

単板ならではの奥深い音色、この”716”はシンガーソングライター・俳優とマルチに活動するアーティスト「福山雅治」氏が近年のライブ、レコーディングで愛用しているものとのこと。

リーズナブルな価格ながらその品質には第一線で活躍するミュージシャンも納得です。

トップ材にはスプルース(松)とシダー(杉)の二つのバリエーションがあり、音色のキャラクターとしてもそれぞれの魅力があります。

716 / 650mm – Cederとぜひ比較してみてください!

 

 

No.725 / 650mm – Spruce

アランフェスのフラッグシップモデル。

30年以上にわたりギターの製作活動を続ける桜井正毅氏が監修、氏が属する”河野ギター製作所”にてギターにとって最も重要な部分である表板を仕上げています。

その他の工程は高峰楽器製作所、国産ファクトリーならではの高い技術で製作され、非常に高い品質を持っています。

このモデルのために特別な生産ラインを設けるなどこだわりの逸品です。

 

こちらのモデルは本来ケースが付属いたしませんが、、、

店頭の一本に限り、Aranjuezのハードケースをサービス!!

この機会をお見逃しなく!

 

ギグバッグプレゼントキャンペーン!

ハードケースが付属しないモデルをお買い上げの方にもギグバッグ、Aria ABC-300CFをプレゼント!

この機会をお見逃しなく!!

 

 

その他にも魅力的なナイロン弦ギターをたくさんご用意!

エレガットも幅広く取り揃えておりますので、ぜひ店頭にてお試しくださいませ!!

 

無料体験レッスン受付中!

弊店が所在する楽器センター富山では音楽教室を併設しており、無料体験レッスンを随時受付しております!

これからクラシックギターを始めたいという方も、さらなる上達を目指すあなたも・・・!

ぜひお問い合わせくださいませ♪