【GF2016番外編】 g’7 Guitarsへ – G’ Seven Special ショップオーダー入荷予定!

 

山田です。

 

楽器フェア2016で盛り上がるさなか、国際展示場を抜けだし渋谷へ・・・

弊店で好評を博しているg’7 Specialを製作されている g’7 Guitars へお邪魔してきました。

 

DSC01678

 

Blue Guitarsに2016年春から加わった新しいブランド・・・

 

G’ Seven Special  (ジーセブンスペシャル)

Made in Shibuya,Japan.

「渋谷」 に店舗兼工房を構えているg’7 Guitars。

流行がスピードを持って盛衰していく街で、自身のスタイルをぶらすことなく 20余年に渡りギター製作を続けておられます。

ビルダーの大山氏は日本のエレキギターの創世期からその技術を研鑚されている方・・・
もう一人のビルダー鈴木氏は現代的なアプローチも備えたアウトサイダー・・・

ヴィンテージをリアルタイムに触れてこられた大山氏ならでは深い造詣を持って、オリジナルをも超えるヴィンテージクローンを製作されています。

年代によっての細かいディテールを再現する知識/経験・木工技術はもちろんのこと、何よりもその塗装技術には脱帽以外の言葉が見つかりません。オリジナル以上にオリジナルであることがg’7 Specialであると言えます。

2名の確かなアーティスト・・・職人の”手”によってビルドされ、決して大量には製作されません。

 

img20160303184819937487DSC01673img20160305191139045322DSC01674img_9549

材の選定、パーツの選定にも余念がありません。

ピックアップやブリッジ/サドルの共同開発をはじめ、大人気のHATAノブのいち早い導入なども。

ハカランダをはじめとする希少材は独自のルートで買い付けし、ボディ材の木取りなどにも独自のこだわりが見られます。作りたいサウンドによっては、あえて柾目でヘヴィウエイトなボディ材を採用することも・・・

 

 

 

 

 

今年の8月にはPENGUIN RESARCHで活躍中の神田ジョン氏をお招きしてg’7 Specialをフューチャーしたインストアライブも行いました。g’7 Guitarsの店長である宇佐川氏も来店され、神田ジョン氏とともにBlue Guitarsでg’7 Specialの魅力を余すことなく説明していただきました。

LINK⇒神田ジョンインストアライブ 【フォトレポート】

DSC00107

 

 

この日は神田ジョン氏のシグネイチャー「Fisrt Note」の発表も兼ねていました。

3本のg’7 Specialを所有している神田氏がリレーションの集大成として製作した1本となりました。

img_5882 img_1109_2

g’7 Special / g7-JM-JK#2 “FIRST NOTE”    for John Kanda

 

 

 

そしてこの秋、日本が誇る素晴らしいお二人のギタリストが、このg’7 Specialを ご自身のフェイバリットとして挙げられました。

日本のロックシーンに多大なる影響を与え続けておられるお二方・・・

img_6889img20161028114633592208

g‘7 Special /g7-LPS “Vintage Tabaco Burst”   for TAKURO -GLAY-

 

 

img_7169 G7

g‘7 Special / g7-LPS 5A Top “Faded Green Burst”  for TAK MATSUMOTO -B’z-

 

 

トッププロも認める このg’7 Special・・・

この偉大なブランドをBlue Guitarsで取扱いさせていただいていることに喜びと責任を感じます。

 

 

今回 g’7 Guitars を訪ねたのは弊店オーダーの進捗を確認させていただくため・・・

現在製作中の3本のg’7 Special。

DSC04665DSC0466158 65

こちらの3本は11月下旬に入荷予定です。

詳細はこちらから LINK⇒g’7 Special – Stock List

 

 

 

TL

完売御礼!ご好評いただいている弊店のオーダーによるフロントミニハムのテレキャスタータイプ・・・

また無理を言ってGrinning Dogにて巻いていただきバックオーダー中です。

 

 

 

 

たまたま良いタイミングで、レスポールに着色をする様を大山氏に見せていただきました。

着色前・・・

DSC04632

 

着色直後・・・

DSC04648

 

1回目のクリアトップを吹いた直後。すぐに乾燥していく様がなんとも美しい・・・

そしてこのグレイッシュなグリーンが混じるレモンカラー、なんとも素晴らしい。

DSC04677DSC04678 DSC04679 DSC04688

 

 

 

なんだかんだしているうちにお昼も食べずに15時くらいになっており、お腹が空いたので大山氏 行きつけのラーメン屋に・・・広尾のらーめん丸富・・・旨し!

DSC04690

 

 

 

 

渋谷の少し外れたところにg’7 Guitarsはあります。

渋谷に行かれる際はぜひ足を運んで見てください。

 

私たちBlue Guitarsもg’7 Specialの価値を少しでも広く知っていただけるように努めさせていただきます。

g’7 Specialは写真では伝わらないたたずまいがあります。ぜひ手に取ってご確認いただければ幸いです。

DSC04691

 

 

終わりが見えて来たのか!?楽器フェア2016・・・

もう少し続きます:-)