ヤマハ S3X 調律 第1弾

ご案内は遡りますが、

S3Xの第1回目 調律の様子をご紹介いたします。

フォトレポートはコンサートチューナー 加賀谷巌です。

 

↑ アクション内部にバラつきが無いか確認し、 バラつきがあれば、正しい位置に調整します。

 

↑ ハンマーの高 さ調整です。 ピアノは運搬中に調整がずれてしま います。 通常は納入調律時に一通り調整し直します。 写真は調整中の様子です。

↑ 上記作業と同じです。奥に見えるハンマーの高さが微妙に違います。また、下のほうに工具が写っているのがお分かりいただけますでしょうか?

 

↑ ピアニシモが均一に出せるように、ハンマーの運動量を調整中。

 

↑ 長時間トラックに揺られたピアノは 各部の調整が狂っています。 ピアノを購入した時にサービスで調 律が1回つくのはこのためです。 このピアノは弦に対してハンマの左右位置は 真ん中。 写真は低音側にずれていますね。 こうなる理由は、グランドピアノを 運搬するときは、低音側を下にし て立てて運ぶため、ハンマーの自重で下に(低音 側に)ずれてしまいます。
正しい位置に調整します。

↑ 一通り調整が終わったら、調律。明らかにCシリーズとは異なる音色。仕上がり後の音に期待が高まります。

↑ 調律後、再度アクションの確認し、終了です。

 

当社には、演奏会やピアニストから指名がかかるコンサートチューナーが在籍。

皆様からの音のご相談にお応え致します。