7/19講座 音楽的な生徒を育てるために 杉浦日出夫先生

7月19日のセミナーは中日本の重鎮、杉浦日出夫先生の初登場です。

たくさんの優秀な生徒さんを育ててこられた先生ですが、

その根底には、

「自ら考え、自分で音楽を楽しめる子を育てる」

という強い信念をお持ちのようです。

ネットで先生の講座を検索してみると

簡単な曲だからこそ「イメージ」を持って弾く
子どもたちの「良い耳」を作るために必要なことは?
読譜力と初見力をつけさせる素晴らしいアイデア
ピアノは「家族ぐるみ」が大切な習い事である
バッハの「インヴェンション」はピアノ教育では必須
音が小さいのは「テクニックがない」と同義語である
本番で最高の実力が発揮できるとっておきの方法とは?

生徒の幸せは、すべて自分にかかっている。
悪い生徒はいない。
足らないのは自分の根気と経験と力の無さだ。

「感動のないものは音楽ではない」

というフレーズがヒットします。

 

また、受講された感想も、

「すごく面白く、興味深く聞かせて頂きました」

「今日の講座、受講して本当に良かったです。先生のお話を一言ももらさず聴こうと必死でした。今悩んでいることや、知りたかったことがたくさん、学べました。楽しく、興味深いお話、ありがとうございました」

「テクニックのお話が理論的で分かりやすく、重力奏法で無理なく、大きくて美しい音が出せると分かりました」

等々、大好評です。

皆様からのお問合せ、お申込み

お待ちしてます。