2017年11月26日(日)Kan Sano(佐野観)meets Trans Acoustic[YAMAHA] …with 今村慎太郎 & MOVEMENT【限定50名】

Kan Sano meets Trans Acoustic/YAMAHA …with 今村慎太郎 & MOVEMENT

 

JazzとClassicの融合、アナログとデジタルのHybrid

新時代のサウンドを次世代のPianoで奏でるShowcase

「Kan Sano meets Trans Acoustic(YAMAHA)」

Solo Piano、with 今村慎太郎(Dr.)とのデュオ、MOVEMENT [矢地真也(Dr.)、地主直之(Gt.)]としてのTrioでのバンドセット…

Trans Acousticの可能性に迫る多彩なセットにもご期待ください。

 


 

アコースティックピアノは、一般的に弦の振動が駒を介して響板に伝わり音が響きますが、トランスアコースティック™は、トランスデューサー(加振器)が電子音の情報を振動に変換して響板に伝える技術です。

エレクトリックピアノ、ストリングス、オルガンなどのサウンドが、ピアノ本体の響板から発音される様はまさに新時代の技術。そこにスピーカーは存在しません。ピアノの響板がスピーカーの役割となりピアノ全体が共鳴するアコースティックならではの豊かな響きが生まれます。

*響板の響きに影響を与えないよう、響板には加振器の軽い振動する部分のみを付加し、重いマグネット部分などはボディが支えています。響板に加振器全体を付加させることが無いため、その響きは弦やピアノ全体の自然な共鳴と共にアコースティックピアノ本来の音色を再現します。
ピアノ本来のサウンドとシンセサウンドを同時に鳴らしたり、それぞれを単体で鳴らしたりすることもできます。
Soundboard

LINK⇒More information「Trans Acoustic Piano」

 

イベント当日はアップライトピアノとグランドピアノの両方のTrans Acoustic ピアノ をセットアップ。

この次世代の技術 Trans Acoustic と Kan Sanoが出会うことで起こるケミストリー…

ぜひその目で体感してください。

 

今村慎太郎(Dr.)とのTrans Acousticを使用してのパフォーマンスは、二人のプレイにどのようなスパイスとなるか!?

 

そしてMOVEMENTの一夜限りの再結集にも注目・・・

地主直之(Gt.)、矢地真也(Dr.)とのTrioでのバンドセット。

10年弱の月日を経てのレアリティの高いステージ。

そしてそこにもTrans Acousticがどう影響をあたえるか?こちらにもご注目ください。

LINK⇒ More Information [Trans Acoustic Guitar]

 

Kan Sano meets Trans Acoustic/YAMAHA …with 今村慎太郎 & MOVEMENT

日程:2017.11.26(SUN)

会場:開進堂楽器 楽器センター富山(piano cloud)

時間:18:30 OPEN / 19:00 START

Music Charge : 前売 2,500円 / 当日 3,000円  【限定50名】

※定数に達した時点で予約は締め切らせていただきます。ご了承くださいませ。

※当日は駐車場が混雑すると思われます。お乗り合わせのご協力をお願いいたします。

 

・お問い合わせ、ご予約は…

開進堂楽器 楽器センター富山   TEL:076-433-0165  (10:00~21:00/水曜日定休)

 

・WEBからのご予約はこちら

【お問い合わせフォーム】

※ご予約の際は「お問い合わせ内容」に・・・
「1126 予約希望」と「希望人数」をご記載ください。