【Brasstek富山 管楽器リペアブログ】フルートのジョイントが固い時には・・・

フルートを組み立てるときに、固い!!!

演奏後、抜けなくなる!!!

ジョイント部のトラブルは

フルート吹きが一度は直面するのではないでしょうか?

 

 

今回の楽器は、固くて組み立てられなくなってしまったフルートを

楽器センター富山の川上が調整していきます。

 

 

 

ジョイント部分を覗いてみると・・・

 

汚れがたまっているかな?

 

ジョイントが固くなる原因は、

・汚れ

・汚れに伴うキズ

・変形

がほとんどです。

 

クリーニングしてみます。

入りました!

が、まだ少し固い感じ。

少しだけ削ります・・・

 

 

キレイに入りました!

 

 

 

ちなみに、

ジョイントがゆるいときには専用の工具を使います!

 

 

ぐっ!と力を込めて広げます。

力加減が難しい作業です。

ジョイントがゆるいと、意外と音に影響を与えている場合があるんですよ!

 

 

ジョイントのお手入れ

フルートのジョイント部でよく聞かれるのは『グリスを塗っても良いですか』

答えは

NO!!!

グリス類は絶対に塗らないでください。

フルートのジョイントは、ミクロン単位の、すごーく小さなクリアランス(スキマ)に調整されています。
そこにグリスを塗ると、ゴミやホコリが付着し、かえってキズがついたり、

ひどい場合はジョイントが抜けなくなったりしてしまいます。

きついな…抜けにくいな…と感じたときは、まずジョイント部をキレイなクロスでお掃除してみてください。
それでもダメな場合は気軽にお店に持ってきてくださいね。

brasstek富山 川上

 

 

木管楽器・金管楽器修理を承ります!

料金表は右記から確認できます。⇒ 料金表