【Brasstek富山 管楽器リペアブログ】ホルンロータリークリーニングVol.3

前回に引き続きホルンのロータリーのクリーニングの様子を久保がご紹介します。

 

ロータリーのチェックや、違いをご説明してきたので、

今回は分解します。

 

前回の様子は下記からご覧いただけます。

ホルンロータリークリーニングVol.1 ロータリーチェック

ホルンロータリークリーニングVol.2 ボールジョイントと紐式の違い

 

ロータリー分解

ではロータリー分解します。

ロータリーを分解した中身がコチラ!

上から順に 外蓋、内蓋、ローター、アーム、ネジ で構成されています。

 

本体側。

内側の側面にそれぞれの抜差し管へつながる穴が見えます。

普段は抜差し管へは通らずに進む空気が、

ローターが回転することで、それぞれの抜差し管へ

空気の流れが切り替わり、

管が長くなる事で音が変わる仕組みです。

 

分解したついでに、

ローターの違いも見てみましょう。

右が4番ローター、左が1番ローター。

この楽器は4番ロータリーだけ若干形状が異なります。

ローターを抜いた本体の画像を見ると分かりやすいですが、

この楽器は1~3番ロータリーは4つに枝分かれしていますが、

4番ロータリーは3つに枝分かれしています。

メーカーや機種によって、4番ロータリーの枝分かれが

3つや4つ、中には6つに分かれているものがあります。

皆さんの楽器はいくつに分かれていますか?

 

次回は分解したついでに、

アレキサンダー社こだわりのロータリーシステム

「ルブリケーションチャネル・ロータリーシステム」についてご紹介します。

 

Brasstek富山 久保でした。

 

 

木管楽器・金管楽器修理を承ります!

料金表は右記から確認できます。⇒ 料金表