【Brasstek富山 管楽器リペアブログ】ホルンロータリークリーニングVol.2

ホルンのロータリーのクリーニングの様子を久保がご紹介します。

 

前回はローターの位置を確認しました。

 

前回の様子はコチラ

 

今回は若干脱線しますが、

この楽器がボールジョイントと紐式のジョイントを両方備えていたので

その違いを説明いたします。

 

ボールジョイントと紐式のジョイント

この楽器は

1~3番ロータリーはボールジョイントで、4番ロータリーが紐式でした。

 

ボールジョイント。

分解組立が簡単で、メンテナンスに優れていて、

紐の様に突然切れちゃう心配はいりません。

レバーを押した力がダイレクトに伝わるので、歯切れ良い動きをし、

演奏面でも、音の切り替わりが良いと感ます。

ただし、レバーの高さの微調整が出来なかったり、

クッション性が少なく、指が痛く感じる人もいるようです。

 

紐式。

ボールジョイントと比べると、押した際に若干の遊びがあり、

それが程よいクッションとなり優しい押し心地です。

レガートで音を変える際に優しく変わるように感じます。

レバーの微妙な高さ調整が出来、好みの高さにすることも出来ますが、

定期的に紐をチェックしないと、切れる心配があり(ほつれてきたら危険)

紐が切れた際の交換は慣れないと難しいです。

 

それぞれ良さがあるので、

もし楽器をご購入の際は是非比べてみて下さい。

 

次回はロータリーを分解します!

 

Brasstek富山 久保でした。

 

 

木管楽器・金管楽器修理を承ります!

料金表は右記から確認できます。⇒ 料金表