【Brasstek富山 管楽器リペアブログ】サックスネックタンポ交換 Vol.3

アルトサックス ネックオクターブキィタンポ交換

 

前回に引き続き久保がネックのタンポ交換を行います。

 

前回の記事は下記から

サックスネックタンポ交換 Vol.1

サックスネックタンポ交換 Vol.2

 

 

前回はタンポを付けるところまで進んだので、その続きです。

新しいタンポを着けてキィの熱を冷ましている間に、

普段掃除を出来ないところの汚れを取ってしまいます。

 

まずは芯金。

芯金を拭うとこんなに汚れが取れました。

 

芯金が通っている穴や

 

オクターブのトーンホールは

こんな時でないと掃除が出来ません。

 

 

キィの内側も

汚れを落としました。

 

パーツがきれいになると気持ち良く演奏できそうですね。

 

芯金にオイルをきちんと注すことで、

動きを良くするのに加えて、錆予防と摩耗予防にもなります。

 

 

キィを取り付け、

ゲージとヘラ、バーナーを使い閉じ具合を調整。

 

タンポ交換完了です!

 

これで、また安心して演奏していただけます。

 

傷みやすいところなので、

皆さんもチラッと見てみて下さいね。

 

楽器が心配な方は、楽器の状態を見させていただく点検は

料金がかかりませんので、お気軽にお持ち込みください。

 

Brasstek富山 久保でした。

 

 

木管楽器・金管楽器修理を承ります!

料金表は右記から確認できます。⇒ 料金表