【Brasstek富山 管楽器リペアブログ】サックスネックタンポ交換 Vol.2

アルトサックス ネックオクターブキィタンポ交換

 

Brasstek久保が前回に引き続きネックのタンポ交換を行います。

 

 

前回は、タンポを外すところまでででした。(前回の記事は⇒コチラから)

その続きから…

 

 

新しいタンポの裏側に、接着用の通称「黒ラック」を付けます。

この黒ラックは熱で溶けるので、バーナーであぶって接着します。

 

キィも温めタンポを接着。

 

この段階で、大まかにキィに対して平行になるように調整します。

前から見たり、横から見たり…。

だいたいこんな感じでしょうか。

後ほど、キィをネックに取り付けてから改めて調整するので、

今はこんな感じで。

 

 

一旦キィの熱を冷まして組立ますが、それはまた次回に。

 

Brasstek富山 久保でした。

 

 

 

木管楽器・金管楽器修理を承ります!

料金表は右記から確認できます。⇒ 料金表