【Brasstek富山 管楽器リペアブログ】サックスネックタンポ交換 Vol.1

アルトサックス ネックオクターブキィタンポ交換

気が付けば穴が開いている

サックスのネックにあるオクターブキィのタンポ。

皆さんの楽器は大丈夫ですか?

 

今回、久保がネックのタンポ交換を行います。

 

 

パッと見大丈夫そうですが、

 

キィを上げると、タンポが破けているのが確認できます。

 

破けていると、音孔がしっかりと閉じられず息漏れを起こしてしまいます。

気づかずに使い続けていると、内部のフェルトがむき出しとなってしまい、

音がひっくり返りやすくなってしまいます。

大事な本番時にこのような状態だと冷や汗が出ますね。

なので、破けそうだと思ったら早く交換しましょう。

 

 

タンポを交換するために、キィを外します。

普段見れないオクターブキィの裏側。

キィを閉じるための板バネとキィが開きすぎないようにするコルクの付いた足が見えます。

足はメーカーや機種によって無いものもありますね。

ネックとキィの間にある芯金によってオクターブキィが支えられています。

 

 

バーナーでキィを熱してタンポを外します。

新品のタンポと並べると、傷み具合が良く分かります。

 

この後、取り付けを行いますが、それはまた次回。

 

Brasstek富山 久保でした。

 

 

木管楽器・金管楽器修理を承ります!

料金表は右記から確認できます。⇒ 料金表