...about Style-N Nishgaki Guitars

【 スタイルエヌ ニシガキギターについて 】

Style-N Nishgaki Guitars(スタイルエヌニシガキギター)は、兵庫県三木市にて工房を構え、ルシアーの「西垣祐希 氏」によりデザイン・製作されています。

西垣氏は幼少期より祖父のもとで木工の技術を学び、2006年よりギターの製作を開始。2012年、地元の技術者達から伝統的な手法やさらなる木工技術を学びながら本格的な楽器製作に着手。現在では若き天才ルシアーとも称えられ、その高いクオリティを誇るギターは「小沼ようすけ 氏」や「井上銘 氏」などジャズフィールドのギタリストから・・・アンダーグラフのギタリスト「真戸原直人 氏」と・・・幅広いジャンルのアーティストから支持を集めています。

Style-Nには画一のスペックはなく、材の選定~1本1本それぞれの材に合わせての構造設計~それにおける作業工程・・・ 全てのプロセスをルシアーの西垣氏がデザインし製作します。 つまりは、できあがる1本1本はすべてが一点もの・・・ワンオフ。

木材本来が持つ音の個性にフォーカスし、緻密なバランスの中でサウンドやプレイアビリティをイコライジングしています。 独特なセンターブロックの構造は、厚みのあるバック材を削り出す過程で成形されており、継ぎ目は無く、振動をロス無く伝える設計。
そして、木の温もりや肌触り・・・共鳴を意識し、塗装はサンディングシーラーを吹かず、ノンバフのラッカーフィニッシュを採用。

「本当のハンドメイド」でなければ成しえない、「音」と「弾き心地」そして造形の美しさがあります。

...about Yuki Nishgaki

幼少時より大工の祖父の元で伝統的な木工道具に触れ、木工の基礎を学ぶ。
2006年より三木市にてギター製作を始める。また日本古来よりの伝統工法、本格的な木工技術を同市の職人達に学ぶ。

初期はエレクトリックタイプのCirrusをメインに制作する。
その後Abe Rivera、Stephen Marchione, John Monteleone といった手工家達のアーチトップに影響を受け、後にジャズギタリスト小沼ようすけ氏とのリレーションの中から生まれたアイデア、技術を取り入れ本格的なジャズギター Arcus の製作に着手する。

2012年より多くのギタリストとのリレーションから生まれた
実践的なアイデアを基に本格的な楽器製作を開始する。

style-n-cutlery

兵庫県三木市は古くから金物の名産地として全国にその名が知られており、 中でも三木金物のうち・・・
鋸(のこぎり)、鑿(のみ)、鉋(かんな)、鏝(こて)、小刀(こがたな) ・・・の5品目が国の伝統的工芸品に指定されています。

今日では日本中の木工家のみならず、世界中の多くの木工愛好家、 楽器製作家をはじめ、あらゆる木工のプロから愛されているクラフトマンのための道具です。

「Style-N Nishgaki Guitars」には、造形のベースメントとなるシェイプが2つ存在します。

「Arcus アーカス」は弓を意味するラテン語のarcus(アルクス)が語源。

アーチ雲(厚い積乱雲や積雲の下にある、アーチのような形をした雲)の意味でも用いられ、西垣氏が手で削り出す柔らかなアーチトップのイメージを連想させます。

Style-N Nishgaki Guitars の特徴である、木材本来の肌触りを極限まで生かす「造形の美しさ」。
弓の棹(さお)と弦(つる)のしなやかでありながらも力強さを感じるイメージ。

女性的なふくよかな倍音、曲線の造形美・・
男性的な芯の強い音色、武骨な質感・・
・・・相反する要素を同個体に内包します。

Arcusは「セミホロウ」と「フルアコースティック」の二つの構造が用意されており、前述のとおり画一スペックは存在せず、要望と状況に応じオーダーメイドでマテリアルをデザインしていきます。

「Cirrus シーラス」の語源は気象用語で巻雲、絹雲という意味です。

Style-N Nishgaki Guitars は画一的なスペックを持たないことを、同じ形は二つとない雲から連想させます。

25inch scale/22Fのネックに、12 3/4inchサイズのセミホロウモデルがベースメント。
ハイゲインのロックサウンドからモダンなジャズトーンまでカバーできるサウンドをアウトプットします。

テレキャスターよりひと回り小さく、取り回しもしやすいため、セミアコが欲しいが335は大きすぎる、テレキャスターシンライン的な用途でより上質な箱物を考えておられる方にもお勧めです。

エレクトロニックの選択肢も柔軟に対応でき、ピックアップに何をセレクトするか?コントロールの変更などもオプショナルで対応できます。
構造的なオプションとして「ソリッドボディ」、「フラットトップ」、「アーチドセミホロウ」と非常に豊富なスペックに対応することが可能です。

Arcus同様に、画一スペックは存在せず、要望に応じオーダーメイドでマテリアルをデザインしていきます。

style-n-order

"まずはお客様の思いをお聞かせくださいませ"

Style-N Nishgaki Guitarsをデザインする上で重要な点は、お客様自身の音や演奏性のイメージです。 そのイメージをヒアリングし、西垣氏の材のストックや製作状況によってベストなご提案をさせていただきます。 もちろん過去の製作からご判断いただき、スペックをカスタマイズをすることも可能です。 ただしその際は同じ種類の材を使用したとしても、材の密度や重量、エイジングなどが個体的に異なるため、製材後に全体としてのバランスを西垣氏が整えて設計します。具体的に、トップ材の厚み、アーチのカーブ具合い、ボリュートのサイズなどで調整していきます。 ルシアーメイドの一点ものという特性上、音、造形ともにデザインの最終的なバランスは西垣氏の手に委ねることをご了承くださいませ。

弊店Blue Guitarsのバックオーダー・リストの中から、製作状況によってはそれらにカスタマイズを加えてHOLDしていただくことも可能です。

ご相談くださいませ。 現在のバックオーダー・リストはこちら ストックリスト(店頭在庫)はこちら


style-n-artists

小沼 ようすけ

仕様モデル: Arcus n's

 

 

井上 銘


真戸原 直人(アンダーグラフ)

仕様モデル:Cirrus

 

引田 寿徳~Toshi Hiketa

仕様モデル:Cirrus n's

 

廣井 謙次

仕様モデル: Arcus n's