2018年のOGINO GUITARSを振り返る・・・

山田です。

 

我が富山県が誇るギタールシアーの一人である荻野裕嗣 氏が、

木材の選定から木工・塗装まで丹精込めて一本一本ハンドクラフトで仕上げるルシアーメイド・・・

OGINO GUITARS(オギノギターズ)。

 

 

 

 

2016年の取り扱い開始より2本のショップオーダーを製作していただきました。

 

 

OGINO GUITARS / OMC “Josée”

 

OGINO GUITARS / OMC “Duckie”

 

 

聴いていただいた通り、ダイナミックレンジが広く、奥行きのある立体感、そして重厚ながらしなやかな素晴らしいサウンド

 

 

ともに好評を博しSOLD OUT。

 

 

 

こちらの写真はDuckieのオーナー様からいただいた写真・・・

 

 

たまたま来ていた荻野さんも記念パチリ・・・

 

 

こちらのT-shirtsはBlue Guitars×SUGAR GLIDERのWネームのオリジナルデザイン・ポケットT-shirts

Ogino Guitarsもモチーフにしたデザインでサウンドホールがピックポケットになっています。(完売御礼!)

 

荻野さんも着用w

 

そしてお客様も着用写真を送っていただきました!ありがとうございます。

 

 

 

 

実は2本目のDuckieオーダー時にもう2本のオーダーを依頼していました。

他のオーダーの関係もあり実際に進み始めたのは今年に入ってから・・・

 

・弊店ギター講師・ギタリスト 山崎剛史のカスタムオーダーの1本

・3本目のショップオーダーの1本

 

山崎剛史のプレイスタイルは歌伴やギターデュオなどアンサンブルでの使用が多く、そこが念頭に置かれていました。

 

逆にショップオーダーの1本はOGINO GUITARSのストレートアヘッドな1本を依頼。

 

 

 

 

話は変わって富山県ではお馴染みの荻野さんのプライベートギターOM”Hina”(写真右)

富山のギタリストは”Hina”をレンタルし自身のステージで使用することも少なくありません。

 

よく使用するギタリストには弊店試奏動画でもお馴染み 弊店ギター講師/ギタリストの廣井謙次も!

彼もアンサンブルの中で”Hina”を使用することが多いギタリスト。

 

2018年の初春、廣井謙次と山崎剛史がBlue Guitarsで”Hina”を弾きながらカスタムオーダーのスペックを検討していました。

 

 

使用するシーンやインストールするピックアップ、カッタウェイの有無、欲しいサウンドの傾向などを明確化し

それらを考慮したスペックをイメージしたのが2018年4月・・・

 

 

 

 

それから程なく荻野氏にその旨を伝え、スペックシートに起こしてもらいます。

 

山崎剛史、彼にとって重要なファクターはサイド&バックのローズウッド、そしてノンカッタウェイによるアコースティック感・・・

彼たっての希望によるHighlander IP-2(アンダーサドルのピエゾPU+アクティブプリアンプ)+Internal Mic(バックブレイスに取り付けるグースネックのコンデンサマイク)をインストールすることを想定した構造。

前述のデュオ、トリオ、バンドなど、アンサンブルでの様々な使用シーンを想定したストレスフリーな設計。

荻野さんはそれらを考慮し、バックを厚く設計、コンデンサマイクをつけるブレイスも独自の形状、そしてトップもライブでのフィードバックを考慮した厚みを検討しました。

そして出来上がった指針とスペックシートを山崎剛史に伝え、その方向で進むことが決定します。

 

 

 

その後しばらく期間を空けて工房へ・・・

良材が入ったとの一報があり木材の選定の為。

 

 

荻野さんがタッピングして各木材のトーンを聞かせていく

 

そして決まったこの木材たち・・・そしてこの表情である!

ジャーマンスプルースTOPに、サップの大きく入ったアマゾンローズウッドS&B、指板もアマゾンローズ

ここから製作が始まります・・・このときは2018年6月。

 

 

 

時間は進みしばらく後に、私は再び荻野さんの工房へ

山崎剛史の選定したアマゾンローズウッドのBackが成形され始めていました。

 

 

 

傍らにはSideに使用する、同じくサップの印象的なアマゾンローズウッド。まだ手はつけられていない・・・

 

TOPのジャーマンスプルースはブラックリンバのロゼッタ。

 

 

 

そして、ここまで眠らせていたある木材が動き出す!

柾目のココボロ材。弊店のショップオーダーのためにキープしておいた特別な材。

2018年8月、この頃には夏の暑さも真っ盛り・・・

 

 

 

さらに時間は進んで、夏の暑さは終わり秋から冬への気配を感じ始める2018年10月

再び荻野さんの工房を訪ねる・・・

 

弊店ショップオーダーのOMCが形になってきていました!

この頃に本器の名前を”RED”にすることを決定。

 

柾目でエキゾチックな赤いココボロのBack材

 

 

ロゼッタもココボロ!

 

 

そしてギタリスト山崎剛史のOMは・・・

 

塗装の工程途中だがギターとして形をほぼ成している状態・・・

 

 

アマゾンローズウッドのS&B・・・サップが強烈な個性を主張しています。

 

サップのカラーに合わせたペグボタン。もちろんGOTOHの510で最高グレードの糸巻きを採用・・・

 

 

荻野さんが山崎剛史に細やかな説明をしています。

 

どこか嬉しそうなこの表情・・・完成イメージがだんだんと形に!

 

ノンカッタウェイですがハイフレットまでアクセスしやすいのがOGINO GUITARSの特徴のひとつ・・・

 

完成までもう少し・・・この表情が彼の心情を物語っています!

 

 

この頃、山崎剛史よりこのOMの名前を私(山田)につけて欲しいとご指名をいただく・・・

実はここが一番頭を使ったと記憶しています。

 

 

 

そして、一足先に命名された”Red”・・・

 

 

この頃になると夕方には真っ暗になる時期でした。

そして、12/1(土)のお披露目イベントに向けて本格的に動き始めたときでもありました。

 

 

それからさらに時間が経過し11月末のある日、Blue Guitarsにて・・・

ルシアー荻野氏が1本のギターとともに来店・・・

遂にギタリスト山崎剛史の為の1本が完成した日。

 

 

まずは特注の岩本ケースを嬉しそうに眺めるギタリスト。

新しい楽器とのファーストコンタクト、ここは誰しも同じ気持ちでしょう!

 

こちらも特注のOGINO GUITARSのプレート・・・

・・・本人たっての希望で取り付けていただきました。

 

 

そして遂に訪れた初対面の瞬間!

ギタリスト山崎剛史だけでなく、私(山田)も初めての対面・・・

 

 

 

OGINO GUITARS / OM “Faith” – German Spruce/Amazon Rosewood with Sap

 

 

彼が始めてOM”Faith”を弾いた瞬間の表情・・・自然とこぼれる笑みが印象的でした。

 

しばしOM”Faith”との対話の時間・・・

 

私が山崎剛史のOMにつけた名前は”Faith”(フェイス)・・・

音楽にも人にも誠実で信頼を得ている彼からインスパイアされて出てきた言葉です。

確かな信念を持った彼ならではの音楽を紡いで欲しいという思いをこめて付けさせていただきました。

 

 

弊店ギター講師でありギタリストの山崎剛史はOM”Faith”とともに、これからも様々な音楽をたくさんの人に届けていきます。

 

今後の活動をBlue Guitarsでもサポートしていきたいと思います!

 

 

 

 

そして一週間後・・・

今度は荻野さんの工房へ

遂に弊店ショップオーダーのOMC”Red”が完成したとのこと。

 

 

OGINO GUITARS / OMC “Red” – German Spruce/Cocobolo

 

ケースも岩本ケースの特注ケース・・・

 

もちろんプレートもお願いして付けていただきました。

 

 

OMC”Red”、初めて音をださせていただいく・・・

 

 

OM”Faith”とは違い、OGINO GUITARSとしてのストレートアヘッドな構造とサウンドをイメージしたOMC”Red”

解像度の高い立体感と奥行き、そして沈み込む低音と豊かな音量・・・

プレーン弦のハイフレットなど音量やトーンがチープになりがちなポジションも巻き弦と変わらないパワーと太さ・・・

同じくハイフレットへのストレスフリーなアクセスと、フローレンタイン・カッタウェイによる有用なハイポジション・・・

柔らかくしなやかな倍音と存在感のある太さとクリアさを備えた実音・・・

素晴らしい音と体験。

 

 

自分のことを客観的に語るのは少し恥ずかしいですが、興奮した顔をしているようにも思えます(笑)

 

 

 

この日が11月29日・・・

OMC”Red”をこの日は持ち帰らず、12月1日の矢後憲太氏のライブでのセッティングに調整してもらいました。

 

 

 

そして記憶に新しい12月1日の「矢後憲太 Solo Acoustic Guitar Live feat. OGINO GUITARS」・・・

 

当日ライブ前の貴重な時間に荻野氏の工房でOMC”Red”、OM”Faith”を弾いていただきました。

多くを語るよりも矢後さんのコントロールされつくした素晴らしいトーンを聞いて欲しいと思います。

※HD1080p推奨。ぜひ通信環境の良いところでご覧ください。

 

OMC “Red” – German Spruce/Cocobolo

 

 

OM “Faith” – German Spruce/Amazon Rosewood with Sap

 

この後、荻野さんの工房からと同じ富山県高岡市・・・

会場となる山町茶屋にて

矢後憲太 Solo Acoustic Guitar Live feat. OGINO GUITARS が行われました。