18年9月10日(月) 小沼ようすけ|カイ・ペティート|岩原大輔-Yosuke Onuma TRIO Mini Live & Workshop

 

小沼ようすけ|カイ・ペティート|岩原大輔 – Yosuke Onuma TRIO Mini Live & Workshop

名実ともに日本のトップ・ジャズギタリスト 小沼ようすけ、バリトンギターのベースⅥ(4弦ベースにHi-B、Hi-Eを加えた6弦)を使用するカイ・ペティート、日本のジャンベの第一人者である岩原大輔によるスペシャルなトリオ。目の前で繰り広げられる生演奏の後、その楽曲を解説するといった趣向のライブ&ワークショップ。あくまで演奏をメインに解説をしていくスタイルなので、楽曲がどのようなアプローチで演奏しているかをひも解く凝った趣向のライブとしてもお楽しみいただけます。書下ろしの譜面も使用し、ギター、ベースのアドリブのアプローチやパーカッションのアンサンブルをひも解きます。ライブとクリニックの要素を併せ持つ楽器店ならではのスペシャルライブ!ギタリスト、ベーシスト、パーカショニスト、ドラマーはもちろん、単純にリスナーとしてライブをお楽しみただけます。

そして、前回小沼氏がBlue Guitarsでのライブの際にジョイントした富山勢のミュージシャンも今回も参戦!ギタリスト 廣井謙次、パーカッション 矢地真也によるセッションも見どころの一つ。トッププロらによるグルーヴやメロディ&ハーモニー・・・アンサンブルの妙をぜひご堪能ください。

 

▼Yosuke Onuma TRIO – Profile
小沼ようすけが、ここ数年取り組んでいる、フレンチカリビアンのミュージシャンとのプロジェクト“Jam Ka”
フランス領カリブ海の島・グアドループ島のグォッカというリズムを、自身の音楽に織り交ぜた作品。(2010年「Jam Ka」2016年「Jam Ka Deux」)
それが、この2人のミュージシャンにより、日本でも再現できることに!

そして、このトリオではアフリカンパーカッションのパイオニア・岩原大輔のアフリカンエッセンスや、Kai Petiteの楽器のようなvoiceが加えられ、“Jam Ka”がリアレンジされている。

パーカッションには、グアドループの民族楽器である”Ka”を採り入れ、ギタリストのKai Petiteは持ち前の音楽センスやグルーヴ感を活かし、このバンドではベーシストとしての演奏となる。

 

▼昨年2月の小沼ようすけ氏のライブの模様

※ご予約が定員に達した場合は、当日ご予約の無い方のご入場を制限させていたく可能性がございます。ご予約をお勧めいたします。

■小沼ようすけ|カイ・ペティート|岩原大輔 – Yosuke Onuma TRIO Mini Live & Workshop

日程:2018年9月10日(月)

時間:OPEN 19:30 / START 20:00 

会場:開進堂楽器 Blue Guitars (楽器センター富山1階)

MC:前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000

 

・お問い合わせ、ご予約は…

開進堂楽器 Blue Guitars
TEL:076-433-0942  (10:00~21:00/水曜日定休)

・WEBからのご予約はこちら
【お問い合わせフォーム】

※ご予約の際は「お問い合わせ内容」に・・・
「0910 予約希望」と「希望人数」をご記載ください。

 

 

Artist Profile ~プロフィール

小沼ようすけ (Jazz Guitarist)

 

14歳でギターを始める。

2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。

現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。

 

2004年、リチャード・ボナ(ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム”Three Primary Colors”をNyで録音。

2010年、フレンチカリビアンのミュージシャン達とレコーディングした「Jam Ka」発売。

グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。

2016年、Flyway LABELを設立。

第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、 「Jam Ka Deux」をリリース。

 

ジャズをベースに様々な国を旅して得た影響、経験を音楽に採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続けるギタリスト。

 

GIBSON社、La Bella社、DV Mark エンドースメント・アーティスト。

エレキギターの他にナイロン弦アコースティックギターも使用する。

昨今ではNishgaki Guitars Arcus style-Nも使用している。

 

official web site
www.YosukeOnuma.com

Facebook
facebook.com/yosukeonuma.official

instagram
https://www.instagram.com/yosukeonuma_official/

 

岩原大輔

学生の頃より打楽器奏者として演奏活動を始める。

94年に世界的ジェンベ奏者MAMADY KEITAと出会い、ベルギーに滞在し欧米やアフリカなどで多くの音楽家と交流。

97年には西アフリカ・マリ共和国に渡りマリ国立舞踊団(LE BALLET NATIONAL DU MALI)の門下に迎えられる。

98年からはKEN ISHIIのレコーディング・ワールドツアーに参加。その後ギニア共和国で現地のグループに加わり様々な舞台をつとめる。

01年からは拠点を日本へ移し東京国際映画祭、Christian Diorのファッションショー等の舞台で演奏。またジェンベワークショップの主催を始める。

14年にはブルキナファソのシンガーNouss Nabilのライブ出演の為現地に渡航。

自身のグループ旅猫油団、シュトカプーでの演奏の他多くのミュージシャンとの共演など多方面で活躍中。

 

Kai Petite(カイ・ペティート)

1982年 神奈川県生まれ

父と兄の影響で14歳からギターを始め、17歳より都内の BAR などで演奏を始める。
2001年 ボストンのバークリー音楽院に入学。
2002年 Gibson Jazz Guitar Contest バンド部門で優勝。
2004年 Professional Music 科を卒業。
2009年 ファーストアルバム「Harbor Lights」でメジャーデビュー。
2010年 サウンドプロデューサーとしてナカムラヒロシ(i-dep/Sotte Bosse)を迎え、セカンドアルバム「Feelin’ This Way」をリリースする。
2011年 サードアルバム「A Night Flight」をリリースする。
2014年 ハーモニカ奏者、倉井夏樹と「Kai Petite&Natsuki Kurai」をリリースする。
2016年Fuji Rockに出演。
アコースティクギターにベース弦を張った『変態ギター』でベースパートとギターパートを弾きながら歌う独自のスタイルを追求。
ジャンルを越えた独自の音楽を展開中。