【Customize】ADVANCED JUMBO!! Part2

水上です。

 

以前のブログADVANCED JUMBO!! でもったいぶっていたADVANCED JUMBOのリフィニッシュ&レリック・エイジド加工!

今回はもったいぶらずに着色までいきますよー。

 

早速元の塗装を剥がします!(リフィニッシュにおいておそらくこれが一番しんどい。)

熱やなんかを当てたところにノミやヘラで突くと・・・

サイド・バック面はこんな感じでペリペリと剥がれます。

 

 

残骸。

 

 

“作業”ということを忘れるためできるだけ綺麗に広い面積を・・・己の限界に挑戦。

これは気持ちよかった。

 

 

問題はトップ面・・・

アコースティックギターのトップ材に用いられることの多いスプルースは容易にめくれ・ささくれが起こります。

 

ですのでトップ面の剥がしはひたすら研磨。

 

あとは番手を細かくして、

 

バインディングは特にキズの細かさに注意です。

 

ピックアップも取り付けるので、エンドピンジャックの拡張もしております。

 

研磨後はマスキングやらなんやら準備をしていざ塗装!

 

シーラー等の下地塗装後。

 

塗装前には気づかなかったのですが実はサイド・バックのローズがめちゃくちゃ綺麗。

これに覆われてたからかな。

↓作業前写真

 

 

そしていよいよ着色!

着色料の吹きたてはこんな感じでマット。

 

徐々にトップコートを乗せると・・・

一見すると黒!赤!黄!のごくごく”ふつーーー”のサンバーストですが・・・

 

寄るとこんな感じ、後にレリック加工を行い80年の歴史を再現するわけですからこの時点で一工夫。

黒部分はベタッとつぶしきらずに色褪せの再現。

光の具合で黒にも茶色のシースルー見えるようにしています。

 

 

オーナー様ともお話しして盛り上がりましたが、やはり嬉しい誤算。

ローズがたまらない綺麗さ、アノ材にも迫る色味です。

 

実はバインディングの黄ばみも再現しております。

ここからは一旦乾燥期間・・・

 

 

次回はついにレリック!?

お楽しみに!

 

 

mizukami