【Repair】穴埋めにもいろいろ

水上です。

 

普段は大掛かりなリペアやカスタマイズをブログでピックアップしがちですが、もちろん弦交換や基本的な調整なども行っております。

 

そんな今回はストラップピンの下穴のリペア。

ギター本体の負荷がビスにかかってしますので下穴が緩くなってしまうことが多く、需要の多いリペアです。

 

基本的には下穴を木材で埋めて、穴をあけなおすのですが今回はちょっとやっかいパターン。しかもGRETSCH。一般的なビスではございません。

応急処置が施されたのでしょうか、

そんな緩くなってしまった下穴をパテや接着剤等でガチガチに固めてしまっております。

 

まずは表面に漏れてしまっている接着剤等々を除去。

 

この後が怖かった。

なんせガチガチに固められてしまっていますので、ビスが舐めてしまわないようまた、ビス自体が折れてしまわないよう慎重に救出。

 

なんとなく予測していた通り。

見えにくいかもですが、一度木材によって埋められた形跡もあります。

 

 

一度下穴を埋め。

ただこのままですと2重に木材が接着されている状態。

このままビスの下穴をあける訳にはいきません。

 

先ほどの埋めはドリル刃のきっかけ作りに埋めたもの。

元の木材も一度取り除くのが目的です。

 

 

そして新たな木材を埋め。

 

面を合わせて

 

下穴をあけビスの取り付け。