2018年7月15日(日)西村ケント In Store Solo Guitar Live – Kento Nishimura

 

現在、高校1年生ながら、 卓越した技術とセンスで話題になっている、西村ケントがBlue Guitarに来訪。
フィンガーピッキングデイ2017の最優秀賞を獲得し、 ますます注目を集めている彼のテクニックや魅力を、ぜひ間近でライブでご体感ください。【同時開催】Furch Guitar Fair 7/7土-7/22日

 

▼The Beatles「Drive My Car」のカヴァー original arranged by Kent Nishimura(14歳の時の映像)

▼The Police「Message in A Bottle」のカヴァー original arranged by Kent Nishimura(14歳の時の映像)

▼Antoine Dufour「Spiritual Groove」のカヴァー performed by Kent Nishimura(12歳の時の映像)

 

■西村ケント In Store Solo Guitar Live

日程:2018年7月15日(日)

時間:14:30 OPEN / 15:00 START

MC :2,500円(当日500円高)

会場:開進堂楽器 Blue Guitars (楽器センター富山)

 

・お問い合わせ、ご予約は…

開進堂楽器 Blue Guitars   TEL:076-433-0942  (10:00~21:00/水曜日定休)

 

・WEBからのご予約はこちら
【お問い合わせフォーム】

※ご予約の際は「お問い合わせ内容」に・・・
「0715 予約希望」と「希望人数」をご記載ください。

 

西村ケント(アコースティックギター)
2003年、大阪生まれ。2015年10月、12歳の時にデビューアルバム『ファースト・ステップ』を京都のインディーズ・レーベル「Slice of Life Records」から発表する。同アルバムを耳にして「ケントはここ何年間に聴いたミュージシャンの中でも最高だ」と絶賛したトミー・エマニュエルをはじめ、アンディ・マッキー、アレックス・デ・グラッシなど、海外のプロ・ミュージシャンからも絶賛されている。小学生の頃から関西のテレビ、ラジオをはじめ音楽イベントや楽器店のインストア・ライブに多数出演していたが、デビュー・アルバム発表後はソロ・ライブも増え、東京をはじめ関西圏外も含む音楽活動と学業とを両立させている。
アコースティック・ソロ・ギタリスト日本一を決めるコンテスト「Fingerpicking Day 2017」では「最優秀賞」および「オリジナル・アレンジ賞」と「オーディエンス賞」の3賞を獲得。同コンテストの「最優秀賞」獲得者の最年少記録を更新する。ケントの演奏に感動したアイルランドの高名なギター製作家ジョージ・ローデン氏より、12フレットに「Kent」の文字がインレイされたLowden Guitars最高級モデルF-35をプレゼントされる。2017年5月、セカンド・アルバム『2』をリリース。このアルバムへの長文コメントを書き下ろした押尾コータローや『2』にいち早く注目してアルバム全曲をオンエアしたFM COCOLOの人気DJヒロ寺平氏をはじめ、国内の音楽関係者やメディアに絶賛されただけでなく、ドイツのアコースティック・ギター専門誌『AKUSTIK GITARRE』など海外メディアからも取材オファーが届いている。今、最も注目を浴び、未来のフィンガースタイル・ギター・シーンを担う西村ケントは、間違いなく若手ソロ・ギタリストの逸材である。