【Customize】Finish Checking!!

水上です。

前回ブログでも好評だったBulletがメンテナンスで戻ってきております。

ピックアップの追加・新しくブリッジの交換等、一新した場所も多いことから、オーナー様にはしばらく弾いていただき、それを踏まえよりオーナー様好みにブラッシュアップです。

ギターはオーナー様が手にしてからがスタートといいますか、作って終わり、改造して終わりでないところがいいですね。

 

そんな我が子のようなBullet よーくみてみると・・・

 

ブリッジビスの下穴からうっすらとチェッキングが入っております。

 

通称ウェザーチェックとも呼ばれるこちらはラッカーを使用したギターに見られることが多く経年変化によって起こることが多いです。

 

ヴィンテージのギターなんかにはほとんどと言っていいほどウェザーチェックが見られるのではないでしょうか。

見た目といった点では好き嫌いがはっきりしそうですが僕はこのウェザーチェックが大好きです。

 

 

良いのか悪いのか・・・僕がオールラッカーで塗装を施すと比較的早くウェザーチェックが入る気がします。

 

こちらも僕が約5年前ほどに作ったギター

 

光の具合で表情が変化するウェザーチェック。

これだけでお酒が進みます。

見えにくいかもですがネックにもビッシリ。

 

そしてそのウェザーチェックの再現行ったご依頼。

ジャズマスターシェイプのこちらを

 

 

光の加減で光ったように見えるこちらの写真なんかは、かなり再現度が高いのではないでしょうか。

 

ウェザーチェック加工は温度差で方法やデザインナイフで描くように入れる方法等さまざま。加工法により仕上がりや雰囲気も変わってくるのでこれまた難しい作業。

そんなさまざまな手法の中からお客様のお好みに合わせて対応いたします。

 

ウェザーチェックを始め、レリック加工等のご相談もお待ちしております!

 

mizukami