【Repair】偉大なるローズウッド。

水上です。

 

最近巷でなにかと話題のローズウッド。

 

今回はそのローズウッドを使用した色んなリペアの一部をご紹介!

こちらはフロイドローズのブリッジから6点支持のシンクロナイズトレモロブリッジへ交換の一コマ。

全体を見る限り、おそらくフロイドローズの前は2点支持のトレモロが乗っていたご様子。

 

0フレット側も、ロックナットから通常のナットへと変更。

ロックナットを取り付ける際に加工された0フレットに再度ローズウッドを貼り、復活させます。

 

ローズウッド材を接着。

この段階ではとても同じ種類の木材とは思えない色の差。

 

 

ナット取り付け溝や、全体を刃物やサンドペーパーで加工していきます。

 

そして貼り付けたローズをはじめ、全体の色合わせや風合いを合わせると・・・

 

 

 

ばっちりフィット!

 

 

続いて別の楽器。

こちらは完成後の写真。

実はこのローズウッドのジャックプレート。

元々は直にジャックがついていたところに僕がプレートを後付けしました。

 

なんでこうなったかというと・・・

プラグが刺さったまま転倒されたそうで、持ち込まれたときににはジャック周りのメイプル材が粉砕。

 

相談の結果、メイプル材かつ積層材ということもあり破片(無くなったものもあり)を接着で完全に綺麗に・・・

というのはコスト的に断念。

 

よくアコースティックギターのトップ材割れ・亀裂の補修の際には、内側からローズウッド材などでパッチをあて、補修する事があります。

 

今回はそのパッチのローズウッド材を表に行い、かつジャックプレート風に演出。

 

粉砕箇所を出来うる限り接着。

ジャックプレート製作。

プレートの取り付け位置の塗膜を剥がし、接着。

ピックガードやブリッジの木台のローズウッドと色味を合わせると・・・

さも、もともとこのような仕様です。

と言わんばかりの出で立ち。

 

 

 

mizukami