【Repair】ネック折れ Part2

水上です。

前回に引き続きネック折れリペア。

 

補強材を接着後は木工加工。

 

小刀等で削り、形を形成していきます。

 

木工終了後は研磨し、塗装の行程へ。

 

ギブソンなので全ての塗装をラッカーで行います。

まずは下地。少しずつ吹き重ねるとで塗膜を形成します。

下地→着色と行程を進めるのですが、着色前には下地の研磨が重要になってきます。

下地を吹き付け後、ラッカーの塗料はまだ塗料が柔らかい状態なので、ある程度硬化するまでは研磨ができません。

 

約一週間放置。

 

 

乾燥待ちにはMartinアコギのピックガードのリペア。

交換後はピックガード上からラッカートップを上塗り(オーバーラッカー)を行うプランですので、ネック折れのトップコートと同時に行う予定で進めます。こちらの様子は次回リペアブログにてお送り致します!

 

 

さて話をネック折れに・・・

下地乾燥後、着色前の研磨。

 

着色は補強を隠す様に濃〜いブラウンで潰しつつ、境目をサンバーストの様にぼかします。

 

着色後はトップコート。

こちらも数回吹き重ねます。

 

そしたらまた乾燥・・・

 

ラッカー塗装はとにかく時間がかかります。

 

 

トップコート乾燥後は研磨→バフ掛け。

 

バフがけ後、パーツを取り付け・・・

弦を張ります。こればっかりはいくら自信があっても緊張します。

 

不幸中の幸い、ヘッドトップには割れ等無く、ネックが折れていた様には見えません。

 

チューニングをした状態で様子見。

出社するたび毎朝コイツのチェックから始まる日々。

人様のものなのに、、なんだか愛着が湧いてしまいます。

 

 

 

mizukami