in NAGANO 2017 ~ディバイザー編 Momose/Bacchus/HEADWAY

 

山田です。

 

毎年恒例の長野工房巡礼・・・

 

早朝6時に富山を出発し、まずはディバイザーへ

ワンオフのスペシャルなギア達が所狭しと展示されています。

 

今年はHEADWAY 40周年のアニバーサリーということもあり、ATBのブレイスにARS(リアシフト)が施されたニューモデルも。

これが非常に素晴らしい・・・近日入荷予定です。

 

 

そして、CUSTOM MODELも・・・

百瀬氏、安井氏のカスタムモデル2機種をチェック。

 

百瀬氏はStyle 18で非常に古い・・・オールドグロースのマホガニーを使用し、装飾を廃した粋な1本。

 

安井氏はATBの責任者としても考案したARS(リアシフト)ブレイスを採用したカスタムモデル。ジャーマンスプルース、マダガスカルローズウッドを採用。同じく今冬入荷予定。

 

HEADWAYの工房も訪問・・・

安井氏が絶賛作業中、しばし拝見。

 

そんな中、百瀬氏と先ほどのStyle-18のヴィンテージマホガニーをウッドセレクト・・・今回は弊店の技術の中枢でもある水上が百瀬氏と選びました。

 

場所を移して、トップ材のアディロンダック・スプルースも選定・・・

みんなですったもんだして・・・・

 

最終的にコチラで決定!
百瀬氏のカスタムモデル「HD-180 CUSTOM」は今冬入荷予定。

 

 

そうこうしていたら安井氏もお手すきのご様子・・・

ご一緒にウッドセレクト!

 

安井氏のカスタムモデル「HD-115 ARS CUSTOM」、こちらも今秋~今冬入荷予定です。

 

私、山田と安井氏は年齢も近いのもあり、毎回お会いした際は色々と意見交換ができ、これも楽しい時間です。

 

バッカスのカスタムモデルもオーダー・・・

ここは弊店の2トップ 水上と島崎がセレクト!

 

ヘッドウェイの話に戻って、40周年を記念して製作されたワイン・・・

信州ならではのお土産をいただきました。

 

カメラマン島崎の仕事・・・ピンボケ・・・。

 

そうして、ディバイザーを後にしました。

 

昨年も寄った蕎麦屋で昼食後、一路Dynaへ・・・