【Repair】張力の脅威

水上です。

 

今回は更新をサボっていた分長編でお届けします。。

 

 

まずは衝撃画像から。

 

 

スマホで撮ってもわかるくらいの反り・・・

スタッフ一同『釣り竿か!』と思わずつっこむレベル。

 

極度の順反りのせいで弦高も5mm以上に。

 

 

更に問題はそれだけにとどまらず・・・

なんとブロックインレイが、

 

 

反りの力に耐えきれずでしょうか・・・はたまた反りを直そうとロッドを締めすぎたせいでしょうか、インレイがぷっくり浮き、なおかつ変形してしまっております。

 

 

このままでは弦に干渉してしまいます。

 

前置きが長くなりましたが、今回は

・極度の順反りの矯正

・ブロックインレイのリペア

を行います。

 

 

反りに関してはネックアイロンで矯正。

ネックの反りの具合・ピークは1本1本異なるのでその症状に合わせスペーサー等で矯正ポイントの調整やクランピングの位置、熱する時間など様々な事を考えながらの作業。

 

そのあとはアイロンくんが熱の力でがんばってくれるので、画像だけではあっさりとして見えますが、奥が深い作業。

 

 

とはいえ相手は木材。

思った通りの結果になるとも限りません。

 

弦の張力もですが、自然の脅威はもっともっとです。

 

 

 

そして、ブロックインレイの方は、元々のインレイの変形が凄まじいので新調する事に。

変形してしまっているインレイを取り除きます。

 

こちらが新たなインレイ材

指板側の型にピッタリ合うよう罫書き

 

加工

 

 

その接着はというと今回はエポキシ系の接着剤を使用します。

接着剤には削りだしたローズウッドの粉末を混ぜ、接着跡を目立ちにくくします。

 

信玄餅の黒蜜きな粉の様なボンドを

 

 

型に流し込みます。

 

接着。

 

 

 

 

〜1日乾燥後〜

 

 

はみ出た接着剤&インレイ材を指板と均一に削ります。

 

徐々に番手を細かくし

 

元の指板と同じくらいの番手まで磨き

 

 

オイルまで塗ってあげるとこの通り。

インレイ材がごっそり入れ替わった様には思えない仕上がりに。

 

 

肝心の反りはというと・・・

ここまで回復。

 

 

弦高もこれだけ下げる事が出来ました。

 

弦を張ったまま数日様子見、極端なネックの反り・インレイの浮きがないことを確認し、無事ご返却です。