【Repair】ナット

 

水上です。

 

 

今回はこちらのアコギのナット取り付けのご依頼。順を追ってご紹介。

写真 2016-10-12 12 48 00

ギター側の接着面を綺麗にし

 

 

素材側の接着面を出しつつ厚みと幅を削りだします。

写真 2016-10-12 12 48 11

 

弦の底面を罫書き

写真 2016-10-12 12 48 30

 

 

ナット上面の罫書き

写真 2016-10-12 12 49 37

 

上面まで削って

写真 2016-10-12 12 55 50

 

弦間隔を決定し専用のヤスリで仮の弦溝を削ります。

写真 2016-10-12 13 08 57

 

最終的な弦溝の調整は弦を張ってからになるのですが、8〜9割程まで詰めたところで形の整形。

写真 2016-10-12 13 37 00

 

徐々に磨き上げていきます。

写真 2016-10-12 13 40 50

 

艶をだし接着。

写真 2016-10-12 13 50 50

 

弦を張りネックを調整後、ペグポストに向かうまでの角度や弦の太さに合わせ弦溝の形、高さを詰めていきます。

写真 2016-10-12 14 42 29

ビビって削らなさすぎると0フレットでの弦高が高くなり特にローポジションが押さえづらくなります。もしローポジションや特にFコードを押さえるのに無駄に力がいる場合や、押さえると痛い場合は弦溝が高いかもしれません。

削りすぎたらアウト。最初からやり直し。ナットがただのゴミになります。

 

写真 2016-10-12 14 42 04

 

 

mizukami